遺贈


遺贈とは

遺贈とは、遺言によって遺言者の財産を無償で譲与することで
す。


「自分が死亡したら○○財産を○○に贈与する」と遺言書に記載して自分の意思を残しておけば死後のトラブルを回避することが出来ます。 


(遺贈と贈与は次の点で相違します)


・遺贈は、遺言者の一方的意志表示による単独行為であるが、贈
 与は、契約による双方行為です。

・遺贈は、遺言者の死亡によって効力を生じるが贈与は、原則と
 して契約成立と同時に効力を生じます。(遺言に条件を付けた
 場合は異なる)

・遺贈は、法定の方式によらなければならないが贈与は、何ら方
 式を必要としません。

・遺贈と死因贈与は、いずれも遺言者又は贈与者の死亡によって
 効力を生じる点は同じであるが遺贈は単独行為であるのに対し
 て死因贈与は、契約です。

  • 遺言書に記載する文言に注意を要します。

「遺贈する」「遺産を贈与する」とした場合登記原因は「遺贈」

「相続させる」とした場合登記原因は「相続」となります。


  • 遺言執行者がいる場合登記義務者が異なります。

「遺言執行者がいる場合」・・・遺言者から

「遺言執行者がいない場合」・・・相続人全員から


(その他形式面・税務面など注意すべき点が多くあります。)

登記に必要な書類

登記済証(権利証)   


印鑑証明書


住所証明書(住民票)


相続証明書


代理権限証書


戻る

QLOOKアクセス解析