相続・遺言のおもな手続き

相続

不動産の所有者や預金名義人が死亡した場合、相続人への所有権移転登記や預金の名義書換え・解約が必要です。 詳細へ


売買

相続登記においては、相続人間の利害が対立するケースが多くその調整に時間のかかる場合が数多くあります。  詳細へ


保存

 遺言書(公正証書による遺言を除く)の保管者又はこれを発見した相続人は、遺言者の死亡を知った後、遅滞なく遺言書を家庭裁判所に提出して、その検認を受けなければなりません。又、封印のある遺言書は裁判所で相続人等の立会いの上、開封しなければならないことになっています。
詳細へ


仮登記

 相続によって相続人に帰属することになるのは不動産や預貯金といったプラス財産だけでなく、被相続人が生前負っていた借金などのマイナス財産もすべて承継することになります。 詳細へ


その他

遺贈とは、遺言によって遺言者の財産を無償で譲与することで
す。  詳細へ


その他

当事務所では相続についてのさまざまな相談に応じております。
詳細へ

QLOOKアクセス解析