成年後見制度とは?

近年の著しい高齢化社会への対応と知的障害者・精神障害者等の福祉の観点から旧法の禁治産・準禁治産制度に代わって判断能力の不十分な方々(痴呆性高齢者・知的障害者・精神障害者)を保護するために新設された制度のことです。


この新しい制度は、判断能力の衰えた方々の福祉の充実の観点から従来の本人保護の理念に加え、自己決定の尊重・残存能力の活用・ノーマライゼーション等の新しい考え方に基づきそれぞれの人の置かれた状況に応じて、柔軟でかつ弾力的な利用しやすい制度を目的としています。


成年後見制度の概要

平成17年4月1日より全面施行された個人情報保護法により、公的機関や銀行などの本人確認義務が徹底されてきたことに伴
い、たとえ夫婦や親兄弟といえども判断能力の低下した本人に代わって、預金の引出しや契約さらに個人情報の取得などといった法律行為は出来ない事になってきました。


そこで、判断能力の不十分な方々を代理する後見人が必要とな
り、本制度を利用して、「成年後見人」の選任が大変重要になってきます。


成年後見制度の概要図

成年後見制度の内容

成年後見制度には、2つの制度があります。



本人の判断能力の状態によりそれぞれの制度をうまく使い分けて行くことが必要です。

QLOOKアクセス解析