特定調停


特定調停とは、裁判所において債権債務者相互の話し合いによる合意を基本とする調停手続きのことです。調停委員や裁判官が仲介者となって話し合いを進行させてくれます。


特定調停では、債務額や今後の返済方法などについて交渉を
重ね、以後は最終的な調停内容に基づいて返済を再開します。


もちろん特定調停はあくまで私的な手続きであるため、債権者には必ず合意する義務はありません。そのため、債権者が納得しなければ和解が成立しないことも当然考えられます。


特定調停に馴染む類型としては、執行手続きを停止させる緊急性や必要性が高く、事前の債権者との交渉である程度合意の希望が持て債権者の数も少数であり、継続弁済可能な程度の収入もあ
る。といった場合になります。


戻る

QLOOKアクセス解析