会社の種類や特徴


会社の種類や特徴を知ろう

会社には次の4つの種類があり、それぞれ特徴があります。


【種類】

【特徴】

①合名会社

出資者(社員)は、会社の債権者に対して各自連帯して直接的に責任を負い、このような社員を「無限責任社員」といいます。


したがって債権者は、社員の誰に対しても債務の全額を請求することができ出資者(社員)は、強い責任を負わされていることになります。反面すべての社員は、原則として会社経営に参加する権利をもっており個人的色彩の強い会社である。


出資者(社員)の数が少ない家族的な小規模の企業に適しています。尚、社員が一人になっても解散しないことになりました。



②合資会社

合資会社は、会社の債権者に対して各自連帯して直接的に責任を負う「無限責任社員」と出資した額の範囲でしか責任を負わない 「有限責任社員」とで構成する二元的な性格を有する会社です。


出資者(社員)の数が少ない比較的小規模な企業に適していま
す。



③合同会社

出資者の全員が「有限責任社員」で構成されている会社です。


合同会社は、出資者の有限性という点では株式会社と類似していますが、会社内部の規律については、定款による自治が広く認められている点が異なります。



④株式会社

株式会社の社員(出資者)は、「株主」とよばれています。


株主は、会社に対して一定の資本を出すだけでその引受けた出資額 (株式)についてのみの間接的責任を負うだけです。会社の経営には、直接には参加できませんが株主総会において議決権を行使する事により間接的に参加する事ができます。


株式会社は、市場で多くの株主を募集することにより大量の資本を集めることができ、大規模の企業に適しています。


会社設立にあたっての注意点


会社の商号及び目的(営業内容)の決定については注意が必要です。


新会社法では、同一区市町村内における同一営業のための類似商号規制が廃止になりました。これにより、既存の会社も類似商号規制を受けることがなくなりましたので、本店移転や商号・目的の変更をする時も、規制を受けないことになります。


よって、不正な目的の商号(他の会社であると誤認されるおそれのある名称や商号を使用・他人の称号等として需要者に広く認識されているものと同一もしくは類似商号を 使用またはその商号等を利用した商品を譲渡するなどして、他人の商品または営業と混同を生じさせる行為)でも登記する事は可能ですが、 損害賠償を請求するなど現行商法と同様の規定に置いて問題は裁判上で解決する事になります。

定款を作成する前に法務局に相談をかけるか司法書士に依頼

     

 をして下さい。


戻る

QLOOKアクセス解析