株式会社の設立


株式会社設立の手順


【必要書類の確認】 ・株式会社設立資料に必要事項を記入してもらいま
 す。(後記の定款記載事項・発起人の数・
 出資額等)
・発起人の印鑑証明書各1通
・取締役になる方の印鑑証明書各2通
・代表者になる方は4通
  
【必要書類の作成】 ・定款
・議事録(株主総会・取締役会議事録)
・調査報告書
・その他
・出来あがった書類に発起人・役員の実印で押印
  
【定 款 の 認 証】 ・最寄りの公証役場で定款の認証を行います。
・定款は通常3部作ります。1部は公証役場に保管さ
れ、他は会社保管用正本・登記用副本です。
・定款認証料5万円・印紙代4万円そのほか副本代金
数千円が必要です。
◎当事務所では、電子定款に対応しています。
(電子定款では印紙代4万円が無料になります。)
  
【資本金の払い込み】 ・認証された定款及び議事録等の写しをお渡ししま
 す。取引銀行(引受銀行)にこれらの書類を持参し
 て資本金の払い込みをします。(募集設立の場合)
・1週間くらいで保管証明書をもらえますので当事務
所までお 持ち下さい。(募集設立の場合)
※発起設立の場合は通帳の写し等が保管証明書となり
ます。
◎(出資の方法は、現金出資の他に現物出資がありま  す。)   現物出資とは?
  
【登 記 の 完 了】 ・登記申請をして約1週間で登記完了です。
・必要な書類をお預かりしてから3~4週間かかりま
 す。


あらかじめお決めいただくこと

  • 商 号(社名)
  • 本 店(所在地)
  • 目 的(営業内容)
  • 資本金(最低1円)
  • 発起人(最低1名)
  • 株式申込人(募集設立の場合の出資者)
  • 取締役(最低1名)
  • 代表取締役(取締役の中から最低1名)
  • 監査役(任意)
  • 事業年度(決算期)
  • 設立日(登記申請した日が設立日になる)

その他

発起設立については、払込取扱機関を利用する事は必要とされていますが、払込金保管証明書を添付する必要は無く、銀行口座の残高証明等の任意の方法で証明すれば良い事になりました。
(ただし、募集設立では従来どおり払込金保管証明書を添付する必要があります。)


通常必要な書類

  • 定款の写し(認証済のもの)
  • 発起人会決定書
  • 株式申込み証
  • 会社の取引印

資本金はいつ引き出せるの?何が必要なの?

いつ引き出せるか

登記が完了してから(必要な書類をお預かりしてから3~4週間)

何が必要か

会社謄本
会社印鑑証明書
会社の届出済み印鑑(代表者印)

その他

払込取扱機関と打ち合わせをしてどのような書類が必要か確認しておいて下さい。 銀行等によっては保管証明が出るまで数週間かかる場合があります。


戻る

QLOOKアクセス解析