抵当権設定・抹消


設定


住宅ローンなどの借入れや不動産を担保としたお金の貸し借りがあった場合には、抵当権を設定して債権の保全をします。


金銭消費貸借や抵当権設定などの契約証書の作成が必要になります。


契約内容により異なる書類が必要になりますのでご来所いただ
き、詳しい打ち合わせが必要になります。


抹消

住宅ローンなどの借入れで不動産に抵当権などを設定している場合、その支払いが終われば、抹消の手続きが必要です。


設定時の原契約書と共に当該抵当権の抹消書類一式が銀行から自宅に送付されて来ます。その、書類には有効期限があるものが含まれており早急に抹消手続きをしなければ、再請求をしなければならないことになりますのでお早めにご依頼下さい。



(抹消相談はメール又は電話にて受け付けております。ご来所の際は、送付されてきた書類一式を持参下さい。) 受付ホームへ



戻る





QLOOKアクセス解析