所有権保存登記


所有権保存登記とは?

家を新築した場合など、まだ登記されていない不動産についてはじめて登記簿の甲区といわれる所に所有者のためにされる登記のことです。


登記に必要な書類

所有者となる人の住民票


委任状


  • 所有権保存登記をする前に登記簿の表題部といわれる所に表示
     の登記が必要です。
  • 共同で家を新築した場合など持分割合については注意が必要です。
  • 二世帯住宅など独立した居住空間がある場合は、区分して登記
     することができます。

戻る

QLOOKアクセス解析